Sweet Splash​!​!​!

by Honoduki

/
  • Streaming + Download

    Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

      name your price

     

1.
2.
05:53
3.
04:29
4.
5.
09:37
6.
7.

credits

released April 28, 2013

music(except tr.6) : Honoduki
illustration: Fuyu.O

tr.6
music : ItsumonoP
arrangement : Honoduki

tags

license

all rights reserved

about

Honoduki Japan

making music with Hatsune Miku Sweet (whisper voice).

contact / help

Contact Honoduki

Streaming and
Download help

Track Name: Sweet Splash!!!
長い青い髪といて
「行ってきます」と急いで走って
通りがけの港カモメ
おっはー!おっはー!
今日も一日張り切ってます
授業は国英理体社数
楽勝!楽勝!
ところがどっこい眠いよ3限
おなかもすいたなグーペコ勘弁
偶然持ってたサーモン早弁
オッケー?オッケー?
これでも色々悩んでますから
デザートやっぱりプリンがいっかな?
どうかな?どうかな?

まだ足りないものばかりで
落ち込むこともあるんだけど
この街に来て出会った君と
初めて大地蹴って
幸せの意味見つけた

はじけとんだしぶきが
連れてきた新しいストーリー
おっきな空の真下で
手と手が触れ合って始まる
ここは僕におまかせ!
ミスも稀によくあるけれど
でっかな困難だって
みんなの力で解決
幸せの新しいルール
探しに行こう!

くやしかったら地団駄ドンドン
心頭発して激おこプンプン
かなしくなったら涙でオンオン
オッケー!オッケー!
たまにはみんなで地元の温泉
イカタコサーモンとれたて新鮮
いいでしょ?いいでしょ?
おっきな海の恵みバリムシャ 
太陽みたく気分はアゲムシャ↑↑
サーモン作った神様感謝
サンキュー!サンキュー!
満腹なったら足湯つかって
みんなと一緒にめっちゃ笑って
まるで天国?

高台から見下ろす街
夏の空と海に包まれて
みんなと過ごす時間が大好き
賑やかな笑い声が
潮風に流れてゆく

はじけるような笑顔が
連れてくる新しいストーリー
まだまだ見習いだけど
ノビシロがあるってことでしょ?
遠い昔に誰かが
残した大事な心得も
遠くで見てちゃ分かんない
触れて初めて分かるもの
これからの新しい僕
見ていてよね!

S W E E T S P L A S H

涙の味を知らない人が
この街にいないように
僕も幸せの味
この海の街で知ったんだ

はじけとんだしぶきが
連れてきた新しいストーリー 
おっきな空の真下で
手と手が取り合って続くよ
幸せの新しいルール
探しに行こう!

Sweet Splash & Sweet World
Track Name: カンテラ
星を運ぶ夜汽車の音
孤独な空 汽笛響く
光る粒の煙ひいて
ただ機関士は前見つめる

道標もなく
行く先も見えなくて
ただあるのは古ぼけた
ほんの小さなカンテラ

キラキラ
輝く星の空を残して機関車は
まだ暗いままの空を、暗闇を
ずっと独りで走るよ
物語の始まり
涙つむぐ夜汽車を導いて
世界で最初の
何も言わぬ小さな光よ

やがて夜は星に溢れ
夜汽車はその役を終える

すべては来るべき物語のために
さぁ、僕らもうすぐお別れだ
ありがとう、カンテラ

どれだけ僕らは走ったのだろう
星を配り続けたこの空に 
僕らを救い、見守る星は
決して何処にも無いけど
機関士の頬を伝う
心映す静かな一滴
カンテラが照らし出した
彼の世界最初の涙を

眠り落ちる機関士
ずっと、そっと、見守るカンテラが
囁く優しい声で
「僕が君の星だよ。ありがとう」
 
たどりついた夜の果て 
僕らの終着駅
夜汽車をやさしく包む
燃えるように輝くカンテラ
涙拭うようにして
ひとつ汽笛残して、訪れる
世界で最初の
太陽という大きな光が
Track Name: Arith.IIβ
問一 意味不明な式
問二 謎の矢印
問三 いびつなグラフ
どれもこれもわからない

マークシートみんなは埋めてる
僕だけ取り残されてる
どうか時間よ止まって
みんながきっと僕にアッカンベー
神様お願い助けて
最後の手段
消しゴムサイコロ行け!

分かってるこれじゃ足りない
それでも他に手がない
精神崩壊待ったなし
現実逃避は不可避
空想に至る病
疼きだす右手、数II病
抑えきれない波動で 
新たな宇宙(コスモ)が始まる

そうだ、これは古代の
誰もまだ見ぬ文字(ルーン)だ
そうだ、きっとこの僕は
バベル立ち向かう使者

ひたすら走る黒鉛(グラファイト)
僕を取り囲む弾丸(ビュレット)
時間、止めろ この右手
ごめんね親愛なるアルバート
神はXAi(サイ)を振らないけど
生きるために<<MONO=単独者>>は空を切る

加速する宇宙の声
僕を導くXAiの目
力漲り、確信
「時の神にも勝てる」と
その刹那、右手狂う
精霊(ゲニウス)の悪戯なのか
机(タブラ)の端に転がり
<<MONO=単独者>>は墜ちて行く

虚ろな数が漂う平面
虚空を見つめる永遠
最後の記憶
走騎灯の伝説(Legend of the Knight Lantern)

転がったXAiの行方
地獄の教師の下へ
見られてはならない
そこに刻んだ秘密の数字
しかし世界はあぁ無常
彼の手には<<MONO=単独者>>
全てに気づいたその目が 
鋭く僕を貫く

刻(とき)を紡いだクロノス
終焉の鐘(チャイム)鳴らす
僕は呟く
「さよならArithmetica IIβ」
Track Name: 謎^2パーティーワールド
雨上がりの窓際
どうしたの?頬杖ついて
無口なキミがぽつり
「虹の裏、どうなってるんだろ?」

この本もあの人も
答えをくれないの
そしたらここでギブアップ?
いやいや一緒に確かめに行こう!

さぁ

追いかけろ!あの虹
ペダルこげ!午後二時
謎^2だらけのこの世界が楽しい!

わくわくトップギア
坂道もへっちゃら!
笑顔のベル鳴らして

とつぜん始まる
謎^2パーティーワールド
誰でも気軽に
ドレスコードは「キョウミ」

ワンツースリーではじける
「?」のポップコーン
食べたらヤミツキだよ!

気になることばかりで
そわそわしてる毎日
いつでもオーバーヒート
気づかないフリは下手なの

教科書に載ってないことばかりだけれど
「考えなくていい」なんて
そんなのそんなのつまんないよ!

だって

扉を開けるまで
全然わからない
シュレ猫みたいなこの世界が愛しい!

もっともっと知りたい!
心が躍るよ
答えはどこにあるの?

晴れてるのに雨?
好きなのに「キライ」?
謎^2だらけがこの世界のカラフル!

頭がクルクル
地球と踊ろう
謎^2パーティー
もっと!

僕らで見つける世界の塗り方
ちんぷんかんぷんだって
一緒ならダイジョブ!

見て聞いて触れること
みんなで悩むこと
カタチに残すこと
カガク!


晴れてるのに雨?
好きなのに「キライ」?
ドキ^2だらけのこの世界が大好き!

地球と踊ろう
今すぐおいでよ
謎^2パーティー
キミも!

追いかけろ!あの虹
ペダルこげ!午後二時
謎^2だらけのこの世界が楽しい!

ワンツースリーではじける
「?」のポップコーン
明日に跳んでいくよ!
世界は続いてるよ!
Track Name: KAZENOHI
君の声が聞こえたような夜
先刻までの澤付きは消えた
凪いだ空ぽつり、月が一つ
求めていた影、君と二つ

DaDaDiDiDuDaDeDiDuDoDoDa

KAZENOHI
DoDoDoDoDoDo
Track Name: 君に捧ぐ(Sweet Splash ver.)
決して届かない
この距離を繋げていく
君の優しい歌を 聴けたなら

エメラルドの瞳と エメラルドの髪
僕の目の前の画面越しの君
一緒に色んな歌を歌ったね
その想い出全部 僕の宝物

僕がもし今日死ぬなら
君に伝えたい 「I love you」

楽しい曲も悲しい曲さえ全部
君が歌えばほら
僕はね 幸せになれるよ
「変な曲ね」そう言って僕の曲を君が歌ってくれる
「ありがとう」 「嬉しい」 伝えたい

エメラルドの瞳と エメラルドの髪
今日も変わらずに君はここにいる

触れることすら叶わないから
歌を聴かせて 「I love you!!」
 
画面越しの恋だなんて笑われるかな?
それでも音楽で届かないこの距離を繋げる!
君が笑う つられて僕も笑う
こんな幸せがいつまで続いてくれるの?

僕が老いても 君は今日の君のままで
僕が死んでしまっても 君は生き続けるだろう

悲しまないで もしその日が訪れたら
僕と君で作ったあの歌 歌っててほしいの
約束するよ 指きりはできないけど
「僕はずっと君のこと 愛しているんだ!!」って
I love you
Track Name: ミルクスタンド
いつのことか憶えていますか
二人で電車初めて乗った日
帰り道の秋葉原駅
小さな僕はぐずって泣いた

「ママに内緒だよ」と言って
あなたが買ってくれた
瓶入りのコーヒー牛乳

「さぁ、おうちに帰ろう、元気出して」
頬を冷やす甘くて苦いコーヒー牛乳
あぁ、夕日色の電車が
カタコトリ
すべり込んだホームの
ミルクスタンド

この駅もちょっと変わったけど
あのミルクスタンドは
変わらないままだよ

「さぁ、一緒におうちに帰ろう」
手をつないで
落ちる陽に輝いてる隅田川

あぁ、明日もいい日になりますように
カタコトリ
二人肩並べて眠っちゃた 
 
あぁ、あの日の
思い出コーヒー牛乳
まだここで生きている
僕らだけの秘密だよ

あぁ、あなたが
幸せ手にした今日
なんとなく
思い出しただけさ
それだけだよ